和職/WASHOKU
文字サイズ

和職伝道師一覧

和職 / WASHOKUに登録されている和職伝道師一覧です。今後も充実した和職伝道師陣の拡充に努力していきます。

135件中、81件目から100件目までの20件を表示しています。

経済産業大臣指定 伝統工芸品 七尾仏壇 <有限会社 千徳屋>「漆芸郷・能登半島で育まれた匠の技と心・・・・」 ●七尾仏壇は経済産業大臣指定・伝統的工芸品です。 (七尾守護大名)畠山文化の伝承、国内でも…
伝統工芸 輪島塗 加藤漆器店伝統工芸、それは百年前と変わらない製法を守り続ける工芸品。時代に流されず、時代におもねること無く、製造に携わる多くの職人が丹精込めて作り上げた逸品です。手仕事ゆえ、決して安…
石州和紙は、平成21年(2009年)ユネスコ無形文化遺産の保護に関する条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に「石州半紙」が記載されました。そして平成26年(2014年)、ユネスコ無形文化…
先人から伝承された技術を新しい感性で現代へ。堅牢にして典雅。一筆一筆に繊細な技の結晶。うるし、うるわしき。日本の心。職人に必要なのは品性だ。それは五感を研ぎ澄ましてこそ身につけれる。最善を尽くすのは、…
■ 古代辻が花染 体験教室 ■<体験内容>辻が花の模様を墨描き絞り、柿渋染をする。1.ひざ掛け、テーブルセンター、Tシャツなどに青花ペンで辻が花の下絵を写して描く2.簡単な墨描きを写して描く 3.模様…
来待石とは出雲石灯ろうの原石として使用されている来待石は島根県松江市宍道町来待地区を中心に産出する凝灰質砂岩です。江戸時代には、北前船によって全国にその名が広まり、松江藩(島根県東部)にとって収益とな…
昭和13年,高岡鋳物発祥の地である金屋町から東へ入った千石町で鋳物鍋を扱う卸問屋として開業したことが宮津商店の始まりです。鋳物茶道具製造のプロフェッショナルという日本でも数少ないカテゴリーの会社として…
■工房情報中田漆木は漆器の産地の一つである香川県高松市で、机・椅子などの漆器家具からお箸や皿、プレートなどの漆器小物まで制作している工房です。ほぼすべての商品が一枚板の材から作られており、無垢材の良さ…
●加賀友禅の歴史は、今からおよそ500年前、加賀の国独特の染め技法であった無地染の「梅染」にさかのぼります。そして模様が施されるようになったのは17世紀中頃。いわゆる加賀御国染と呼ばれる兼房染や色絵・…
◆西陣 岡本 Produced by Okamoto Orimono Co.,Ltd我々は1000年以上の歴史を持つ「金襴」という神社仏閣で宝物として扱われる織物を手織りできる専門職人集団です。美しい…
創業100年の歴史と技で磨き上げられた「あづま」の紀州桐箪笥桐の素材と生かし、匠の技を込める―。創業以来、桐箪笥一本。家具のあづまの職人たちが目指しているのは、「古くて新しい桐のインテリア」。モノがあ…
■高尾 弘の織の技≪すべては織物にかける情熱から始まった。≫「美しい布を創ること」「世の中に無いものを創り出すこと」。この一途で強い思いで、高尾 弘(ひろむ)は50年の長きにわたり織物に情熱を注いでき…
泰生織物の創業は昭和32年。しかし、その起こりは戦前に遡ります。当時の西陣屈指の老舗「泰成織物」の30歳の若き総支配人こそ、泰生織物の創始者北尾徳太郎でした。そのバイタリティ溢れる活躍で、業績の向上と…
◆西陣せがわ◆いつまでも失われない 絹織物の輝き正倉院の名物裂地の流れを基に受け継がれてきた、せがわの裂地不可能を可能に・・・型破りな配色ラインナップを提供。私たちはこれからも創り続けます帯、和装バッ…
■株式会社盡政 平成5年5月5日創業近年、西陣の格子戸の奥から聞こえる機音が少なくなりつつある今日に、職人の手と心が織り成す手機に頑固なまでに拘り、手機本来の味わいと、風合いを兼ね備えた御絹(おきぬ)…
加納幸は生産をほぼ全て西陣でまかなう数少ない純西陣のフルラインナップメーカーとして、帯・着物・小物まで制作しています。わたしどもの最大の願いは、「女性を美しくすること」。全ては女性の美のために。【帯】…
帯づくりを天職と思い、高品位な技術のこだわりから伝統をはぐくみ、今に通じる伝統を創る。まじめな商品作りをモットーにしています。昭和36年創業、西陣帯地製造卸を行っております。代表【梅垣 慶太郎】略歴1…
播州三木打ち刃物 鉋職人 株式会社常三郎古初代常三郎(魚住常三)は幼少より祖父(福三郎鉋)に執事し、鉋製法の奥義を二十八年間にわたり体得し、昭和二十二年「常三郎かんな製作所」を設立、古来鉋製法の奥義を…
結城紬産地の織り手として就業できる方を対象とした,結城紬の後継者育成研修を行っております内容:地機(じばた)による帯の製織,反物の製織,製織前の下準備など期間:平成30年4月下旬から平成30年3月下旬…
立野矢とは■織れるものなら何でも織る西陣織の伝統を生かしながらも、織元ならではの自由な発想で現代のお客様のニーズに沿った商品を生み出しています。 織物を日常に感じていただけるよう「織れる物なら何でも織…