和職/WASHOKU
文字サイズ

和職伝道師一覧

和職 / WASHOKUに登録されている和職伝道師一覧です。今後も充実した和職伝道師陣の拡充に努力していきます。

83件中、61件目から80件目までの20件を表示しています。

手びねりコース陶芸をしたことがないというみなさまにも、気軽に体験していただけるのが『手びねり』コースです。観光、旅のついでにちょっと、といった気軽さでお楽しみいただければと思います。 大谷の粘土を手で…
■作家よりご挨拶量産品にはない手作りの焼き物の暖かさや優しさを感じてもらえるよう、一筆、一筆、心を込めて描いております。どの作品も手作りですので、同じ柄でも全く同一の作品はなく、すべての作品がオンリー…
木をうるしのぬくもり・・・暮らしの中で感じる漆器 【うるしの器 あさだ】■代表挨拶生活の中で身近に使える山中漆器を提案しています。山中伝統の木地(ろくろ挽)から漆を塗る作業までこちらの工房で 行ってい…
■ 古代辻が花染 体験教室 ■<体験内容>辻が花の模様を墨描き絞り、柿渋染をする。1.ひざ掛け、テーブルセンター、Tシャツなどに青花ペンで辻が花の下絵を写して描く2.簡単な墨描きを写して描く 3.模様…
■工房情報中田漆木は漆器の産地の一つである香川県高松市で、机・椅子などの漆器家具からお箸や皿、プレートなどの漆器小物まで制作している工房です。ほぼすべての商品が一枚板の材から作られており、無垢材の良さ…
●加賀友禅の歴史は、今からおよそ500年前、加賀の国独特の染め技法であった無地染の「梅染」にさかのぼります。そして模様が施されるようになったのは17世紀中頃。いわゆる加賀御国染と呼ばれる兼房染や色絵・…
加納幸は生産をほぼ全て西陣でまかなう数少ない純西陣のフルラインナップメーカーとして、帯・着物・小物まで制作しています。わたしどもの最大の願いは、「女性を美しくすること」。全ては女性の美のために。【帯】…
播州三木打ち刃物 鉋職人 株式会社常三郎古初代常三郎(魚住常三)は幼少より祖父(福三郎鉋)に執事し、鉋製法の奥義を二十八年間にわたり体得し、昭和二十二年「常三郎かんな製作所」を設立、古来鉋製法の奥義を…
結城紬産地の織り手として就業できる方を対象とした,結城紬の後継者育成研修を行っております内容:地機(じばた)による帯の製織,反物の製織,製織前の下準備など期間:平成30年4月下旬から平成30年3月下旬…
西陣工房は、障がい者が西陣の伝統的手工芸(京くみひも・西陣織・糸繰り等)に取り組んでいる就労継続支援B型事業所です。当工房は平成16年秋に知的障害者のためのデイサービス事業所として開所しましたが、平成…
創業当時はなごや帯・袋帯を主とするが、昭和22年頃よりつづれ帯のジャガード化に成功し、大衆化を進める。この関連で絽綴八寸・はりま綴八寸も開発。昭和35年頃より紬袋なごや帯を開発し、西陣の袋なごや帯の老…
"西陣織 富坂綜絖店(TOMISAKA HOUKOUTEN)■綜絖業 西陣織帯地用・西陣織金襴用・西陣織ネクタイ用・打ち掛け・着尺・織物教室用手織綜絖機・西陣織和工芸■和工芸  西陣織和工芸(スマホケ…
塩沢つむぎ記念館は塩沢の織物の伝統技術と文化の魅力を一堂に公開した「織の文化の新拠点」当館は、塩沢の地場産業であり、日本の伝統産業、文化産業そして世界のファッション産業である「塩沢の織物」を皆様により…
■晋六窯について「晋六陶芸館」の名前は私の祖父「辻 晋六」の名前から由来するもので、晋六は京都の鴨川の上流、上賀茂から北へ約12km行った「雲ヶ畑」の波多野家の四男として生まれ、京都府立第二中学校を経…
■友禅染とは友禅とは、布に模様を染める技法のひとつ。日本の最も代表的な染色法である。多彩な色彩と、「友禅模様」と呼ばれる曲線的で簡略化された動植物、器物、風景などの文様が特徴。■椿 逸雄 氏紹介模様師…
45年間家具を作り続けてきましたが、一昨年の秋に木取りの時から電気と機械を一切使わない家具作りを始めました。 ヒトは道具を考え出し、それをうまく操ることで生活に必要なモノを作り出し、同時に手や身体の能…
■特徴堺兼近作の手造り文化包丁は、堺打刃物の伝統でもある。鍛えるという工程を大切に作っています。生だたき、焼き入れ、焼き戻し、刃付け、柄付けまでを一貫生産しております。『鉄は熱いうちに打て』という言葉…
時代劇・殺陣・チャンバラ稽古を行っています。​殺陣に興味ある方、運動不足で何か趣味を持ちたい方など、優しく仲間が基本から教えます。何より楽しく学んでいただくことをモットーにしています。お気軽に見学だけ…
■實光包丁とは初代 實光伊太郎が、鍛治職人として刃物の製造を始めて100年以上、和包丁の伝統と技術を継承してきました。實光は堺の偉人、千利休の教えを大切にしています。その中でも「一期一会:人との出会い…
■上野焼の始まり上野焼の歴史をさかのぼるとその起源は1592年(文禄元年)から1598年(慶長三年)まで行われた豊臣秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に至ります。当時日本国内を統一した秀吉が次に中国…