和職/WASHOKU
文字サイズ

和職伝道師一覧

和職 / WASHOKUに登録されている和職伝道師一覧です。今後も充実した和職伝道師陣の拡充に努力していきます。

94件中、81件目から94件目までの14件を表示しています。

西陣工房は、障がい者が西陣の伝統的手工芸(京くみひも・西陣織・糸繰り等)に取り組んでいる就労継続支援B型事業所です。当工房は平成16年秋に知的障害者のためのデイサービス事業所として開所しましたが、平成…
創業当時はなごや帯・袋帯を主とするが、昭和22年頃よりつづれ帯のジャガード化に成功し、大衆化を進める。この関連で絽綴八寸・はりま綴八寸も開発。昭和35年頃より紬袋なごや帯を開発し、西陣の袋なごや帯の老…
"西陣織 富坂綜絖店(TOMISAKA HOUKOUTEN)■綜絖業 西陣織帯地用・西陣織金襴用・西陣織ネクタイ用・打ち掛け・着尺・織物教室用手織綜絖機・西陣織和工芸■和工芸  西陣織和工芸(スマホケ…
塩沢つむぎ記念館は塩沢の織物の伝統技術と文化の魅力を一堂に公開した「織の文化の新拠点」当館は、塩沢の地場産業であり、日本の伝統産業、文化産業そして世界のファッション産業である「塩沢の織物」を皆様により…
■晋六窯について「晋六陶芸館」の名前は私の祖父「辻 晋六」の名前から由来するもので、晋六は京都の鴨川の上流、上賀茂から北へ約12km行った「雲ヶ畑」の波多野家の四男として生まれ、京都府立第二中学校を経…
■友禅染とは友禅とは、布に模様を染める技法のひとつ。日本の最も代表的な染色法である。多彩な色彩と、「友禅模様」と呼ばれる曲線的で簡略化された動植物、器物、風景などの文様が特徴。■椿 逸雄 氏紹介模様師…
45年間家具を作り続けてきましたが、一昨年の秋に木取りの時から電気と機械を一切使わない家具作りを始めました。 ヒトは道具を考え出し、それをうまく操ることで生活に必要なモノを作り出し、同時に手や身体の能…
■特徴堺兼近作の手造り文化包丁は、堺打刃物の伝統でもある。鍛えるという工程を大切に作っています。生だたき、焼き入れ、焼き戻し、刃付け、柄付けまでを一貫生産しております。『鉄は熱いうちに打て』という言葉…
時代劇・殺陣・チャンバラ稽古を行っています。​殺陣に興味ある方、運動不足で何か趣味を持ちたい方など、優しく仲間が基本から教えます。何より楽しく学んでいただくことをモットーにしています。お気軽に見学だけ…
■實光包丁とは初代 實光伊太郎が、鍛治職人として刃物の製造を始めて100年以上、和包丁の伝統と技術を継承してきました。實光は堺の偉人、千利休の教えを大切にしています。その中でも「一期一会:人との出会い…
■上野焼の始まり上野焼の歴史をさかのぼるとその起源は1592年(文禄元年)から1598年(慶長三年)まで行われた豊臣秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に至ります。当時日本国内を統一した秀吉が次に中国…
■肥前びーどろについて肥前びーどろは「佐賀市の重要無形文化財」に指定されている手作りの宙吹きガラス食器の伝統工芸です。宙吹きと呼ばれる、型を一切用いない吹きガラスの中でも特に高度な技術もってお作りして…
■作家紹介大串 惣次郎昭和22年生まれ陶歴 有田・伊万里伝統工芸士現会長一級技能ロクロ士佐賀県立有田窯業大学非常勤講師九州山口陶磁器展佐賀県展佐賀美術協会展西日本陶芸展西部工芸展長崎陶磁展入賞入選 2…
■作家紹介四代目小柳 範和伝統工芸士2015年ー工芸都市高岡クラフトコンペティション入選1974年、創業100年の老舗『小柳箪笥』の四代目として生まれる。19歳の頃より木工職人としての修業を始め、30…