和職/WASHOKU
文字サイズ

和職伝道師詳細

紀州焼 葵窯のプロフィール

和職伝道師名 紀州焼 葵窯
カテゴリ 商品・サービス紹介, 体験・見学, 英語対応可能, 日本語対応可能
ジャンル クールジャパン, 日本の伝統工芸
自己紹介 ご挨拶
初代寒川栖豊が紀州焼葵窯を南紀白浜の地に移して以来、半世紀にわたり自然豊かなこの地で日々精進を重ねて参りました。
当窯元では、初代栖豊が創出した那智黒釉を継承し、また廃窯となっていた紀州の様々な陶磁器の再現・復興に力を尽くしております。
主に茶陶(茶の湯の道具)を手掛けておりますが、各流派でお使い頂ける花器や贈答品、普段使いの食器等も製作しております。
また、お客様の様々なご要望にもお応えするオリジナル品の制作も承っております。
「和歌山県ほんまもん体験」として、ご自身で作陶を楽しんで頂く本格的な陶芸体験も行っておりますので是非一度足をお運び下さい。
なお2014年10月より免税(Tax Free)店となりました。
海外の方々にも是非、紀州焼をご覧頂ければ幸いでございます。
Greeting
The first generation, Seiho Samukawa, moved his pottery workshop “Aoi-gama” to Nanki Shirahama, Wakayama Prefecture in 1967. Since then our family has dedicated ourselves diligently to the development of Kishu ware. We have developed the “Nachiguro-Yu” glaze technique first created by Seiho Samukawa and have sought to revive various kinds of Kishu ware which had ceased production a long time ago.
We produce a wide range of pottery for use not only in the tea ceremony but also in flower arrangement, and daily use. We also produce custom-made products at the customer’s request.


葵窯の由来
廃藩置県の影響を受け、次々と閉ざされて行く紀州の窯元。
これを深く憂慮されておられました、旧紀州藩主 徳川頼貞候より初代栖豊は紀州焼の復興を託されました。
このとき昭和十二年、栖豊はこれに応え紀州焼の復興に一生を捧げることを決意し、頼貞候より紀州焼 葵窯の窯名を賜わりました。
History
After the abolition of feudal system of domains and the revision of the country into prefectures in 1871, many pottery ateliers making Kishu ware were forced to close after losing financial support from the Kishu Domain. In 1937 Mr. Yorisada Tokugawa (the former lord of the Kishu Domain), who was deeply concerned about this situation, entrusted Seiho with the task of reviving Kishu ware. From then, Seiho determined to dedicate his life to this task and was given the name, ”Aoi-Gama” for his atelier by Mr. Tokugawa.
紀州焼とは
紀州藩で製造されていた陶磁器の総称です。
江戸初期より甚兵衛焼、善明寺焼に始まり、瑞芝焼、南紀男山焼、御庭焼(偕楽園製)等の様々な窯元が栄えていました。
しかし、廃藩置県により窯元は次々と閉ざされて行き、明治十一年、南紀男山焼の閉窯によりその歴史は一時途絶えることとなりました。
Kishu ware
Kishu ware is a general term for Japanese traditional pottery manufactured in the Kishu Domain during the Edo period. Since the early Edo period, Kishu ware had been produced by many pottery ateliers. However, after the abolition of the Kishu Domain, all the pottery ateliers of the Kishu ware were closed. In 1878, the last pottery atelier Nanki Otokoyama-yaki was closed down and Kishu ware became extinct until it was revived again by Seiho.
那智黒釉とは
那智黒の石を精製し釉薬としたカセ釉の一種で、艶消しの淡い黒色が特徴です。
肌が柚子肌のため、しっとりと手に馴染みます。
また、使い込まれるにつれ角が取れ、優美さが増すとご好評頂いております。
那智黒釉は千家をはじめ各御家元に認められ、多くの方々にご愛用されて今日に至っております。
Nachiguro-Yu, the black glaze
Nachiguro-Yu is a black-colored glaze made from natural black stones named “Nachiguro”. Its light mat black color is one of its special features, and its rough surface is easy to hole in the hand. The longer it is used, the more elegant it becomes. Nachiguro-Yu has been highly esteemed by many heads of tea ceremony school “iemoto” and is widely popular.


寒川栖豊
二代目 栖豊「寒川 次郎」
十九歳で初代に師事して以来、茶陶の道に邁進して参りました。
父が生涯を掛けて復興させた紀州焼を途絶えさせる事のなきよう、また父が独自に生み出した那智黒釉を引き継ぎ、自身の個性を活かした作品造りに日夜精進して居ります。
Seihou Samukawa
Introduction of the second generation Seiho
Seiho’s son, also called Seiho, has dedicated his life to pottery art since he was 19 years old. He has sought to continue the work of developing and perfecting Kishu ware and Nachiguro-Yu which his father had revived a generation earlier. He has been seeking to create unique works of art whilst keeping true to Japanese tradition.


陶芸体験
体験内容
当窯元の陶芸体験は、和歌山県より「ほんまもん体験」として推奨されております。
基本的には手びねり(紐作り)で成形して頂きますが、タタラ成形(陶板)、電動ロクロ(別途料金)等作品に応じて成形して頂くことが出来ます。
次に仕上げです、高台(こうだい)の削り出しや形と重さの調整、釘彫り・彫り出しによる模様付け、名入れ(サイン)等をして頂きます。
ご自身で仕上げて頂きますので、まさにお客様オリジナルの作品となります。
このように成形から仕上げ(削り)が出来る本格的な陶芸体験となっておりますが、スタッフの丁寧な指導やお手伝いを致しますので、初心者の方でもご安心下さい。

お湯呑・ご飯茶碗・小皿等、基本的なものですと約2時間で体験して頂けます。
また、素焼きの素地(お湯呑、茶碗、皿)に、呉須(青色)・鉄絵(黒色)で下絵付けをしていただく絵付け体験もございます。
こちらは短時間(約一時間)で体験していただけます。

*当窯元の陶芸体験は基本的に何を作って頂いても構いません。
下記の値段は目安です、サイズや難易度、作業工程により変更します。
どちらの体験も前日までにご予約下さい。
体験内容や当日のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡下さい。
Make your own pottery
You can make your own pottery by hand such as a rice bowl, tea cup or plate. An electric potter’s wheel is also available with an additional charge. We can draw and carve pictures, patterns on your item as you like. As you complete your item by yourself from start to finish, it would be your original artifact work. If it is the very first time for you, please don’t worry. Our staff will sincerely help you to completion. It usually takes about two hours to make a basic item such as tea cup, small plate or rice bowl.

Also, you can enjoy drawing pictures and patterns on an unglazed item of potter using asbolite (blue color paint) and ferrous pigment (black color paint), which usually takes about one hour.

You can make whatever you like basically. Please make a reservation by the day before you wish to come. If you have any inquiries, please feel free to contact us.
For more information about these programs, please check our website.


免税
免税店 Tax Freeb
当窯元は海外の方々にも紀州焼を知って頂きたく思い、この度、免税店となりました。
免税店とは、非居住者が店舗での対面販売のみに適用され、更に購入合計が10,001円(税抜)以上の場合に消費税が免除される制度の事をいいます。
この機会に紀州焼を是非ご覧下さいませ。

免税対象者
非居住者(代理人不可)
購入合計が10,001円(税抜)以上の場合
入国後6ヶ月以内(再入国の日付は不適用)

免税購入に必要なもの
・購入者ご本人のパスポート
*入国スタンプ(上陸許可認証印)が必要です
*コピー及び、外国人登録許可書は不可です
*自動化ゲートで入国される場合は、ゲート通過時に入国スタンプを押して貰って下さい
「パスポート以外のもの」
・乗員上陸許可書、緊急上陸許可書、遭難による上陸許可書
・日本人非居住者は海外居住証明(ビザ・免許証等)
上記のいずれかが必要です。
注意点
・購入後の商品お取り替え・ご返品・払い戻し・配送等は致しておりませんので予めご了承下さい。

Tax Free
We are a Tax-Free shop. Tax free is applicable provided all the following requirements are satisfied
・Non-resident in Japan
・Total amount of purchase exceeds JPY 10,000
・Less than six months after entering Japan
Required document (Any one of following documents)
・Original Passport
・Crew member’s landing permit
・Certificate of overseas residence, emergency landing permit, landing permit due to distress
Note: Exchange and return of purchased item(s), and refund are not accepted.
ホームページURL より詳しく見る(公式サイト・オンラインショップ)

紀州焼 葵窯のクチコミ