和職/WASHOKU
文字サイズ

和職伝道師詳細

五反林窯のプロフィール

和職伝道師名 五反林窯
カテゴリ 商品・サービス紹介, 英語対応可能, 日本語対応可能
ジャンル 日本の伝統工芸
自己紹介 ■作家紹介
作家名:マイケル・マルティノ
出身:米国ニューメキシコ州
1990年から日本に在住。幼少の頃から古代遺跡や近隣のプエブロを訪れるなど、陶器に関心を寄せていた。実際に作品を作り始めたのは、2002年に熟練の唐津焼陶芸家、鶴田純久氏に師事するようになってからである。しばらくは窯を借りて作品を焼き上げていたが、2005年に五反林窯を作り、ガス窯を設置。2008年には、作品を一般に公開するようになり、その後数々の作品展に参加、またワークショップも開催した。
2010年にはスタジオ横に五反林・穴窯/登り窯ハイブリッド薪窯を窯築、これによって現在多くの作品を作り出している。多くの作品は日本の茶道に使用される茶碗を主として、その他和食器、洋食器、酒器、彫刻、他分野の作家とのコラボ作品等も精力的に行っている。

■作家からのコメント
私の目標は、機能的かつ美的に生活を豊かにする作品を作ることです。
時間の経過と共に、長年使いこむことによって徐々に変化していく作品、独自のライフスタイルを反映していくにつれ、より美しく変わりゆく作品。ただ見て美しいだけではなく、五感で楽しむ作品、それが私の目指すところなのです。作品を使っていただく際、唐津焼の500年にも渡る文化や技術、材料に込められた地元佐賀の土味、外国文化と日本文化の融合、シンプル且つ美しい作品に触れていただき、創り出す情熱を感じ取っていただければと思います。

■お問い合わせ・作品のご紹介はHPよりご覧ください。
http://www.karatsupots.com/#section-1
ホームページURL より詳しく見る(公式サイト・オンラインショップ)

五反林窯のクチコミ